スターソウル

「大切な人をその人が望むところまで送り届ける」という意味で使われていました。

そこから「人の目標達成を支援する」という意味で使われるようになりました。

コーチングをする人(コーチ)はコーチングを受ける人(クライアント)に、

・新しい気づきをもたらす
・視点を増やす
・考え方や行動の選択肢を増やす
・目標達成に必要な行動を促進する

ための効果的な対話を作り出します。

ここで重要なのは、コーチがこれらを先導したり強制したりするのではなく、相手が主体性を持ちながらそれを実現するところにあります。

そのため、コーチングでは、基本的に「教える」「アドバイスする」ことはしません。

その代わりに、「問いかけて聞く」という対話を通して、相手自身から様々な考え方や行動の選択肢を引き出します。

 

スキルや知識を知るだけでは、それを十分に理解して、さらに行動として実践することはできません。つまり、コーチングは書籍や一過性の研修だけでは決して身につきません。

スキル・知識をインプットしたら、アウトプットもする。
この繰り返しが、コミュニケーションを学ぶ方法として優れています。

自分のケースについて話したり、他の人の話を聞いたりすることなど、コミュニケーションを交わしながら学ぶ方法を、コミュニカティブ・アプローチといいます。

コーチングは座学ではなく、このコミュニカティブ・アプローチで身につけてく方法が最も効果的で成果が上がりやすい方法です。

そして、自分の周りの人に対して学んだことを実践していくことで確実な成果につなげていくことができます。

STAR SOUL